赤身肉は体に悪い!悪影響について徹底解説!発がん性リスクも
浮かれる人

赤身肉はヘルシーだからいっぱい食べてます!

ゆーさんゆーさん

ストッープ!!
赤身肉の食べ過ぎはNGです!!

こんな人向けの記事
  • 赤身肉をいっぱい食べてる
  • 健康意識が高い人
  • カラダづくりをしている人

この記事を見ることで、『赤身肉の悪影響について』知ることができます!

この記事の内容
  • 赤身肉のイメージ
  • 赤身肉の発がん性リスク
  • 赤身肉の問題点

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

赤身肉のイメージ

赤身肉のイメージ

皆さん赤身肉と聞くとどんなイメージを持ちますか?

  • 高タンパク
  • 低脂質
  • 低糖質
  • ヘルシー
  • ダイエット

こんなイメージを持つと思います。

確かにこれは間違いではありません。

カロリーやPFCバランスを見ると、ダイエットには非常に優秀だと言えます。

【赤身肉の100g】(カロリーSlism参照

エネルギー 130㎉
タンパク質 20.4g
炭水化物 4.6g
脂質 0.1g

赤身肉はタンパク質は多く、糖質・脂質は少なく、ビタミンB12と亜鉛を多く含みます。

そのためダイエットには最強とも思える食材です。

しかしそれは、カロリーや栄養素だけを見た場合です。

実は赤身肉はダイエットには優秀ですが、健康にはかなり悪い食材なのです。

ゆーさんゆーさん

赤身肉の悪影響について一緒に学びましょう!

赤身肉は発がん性リスクがある

赤身肉は発がん性リスクがある

実は赤身肉を食べるとガンになる可能性があります!

世界保健機関(WHO)の研究機関である国際がん研究機関(IARC)は、赤身肉を食べることで、大腸がんのリスクが増加することを公表しました。

そして赤身肉を、『グループ2A』(人に対しておそらく発がん性がある)に分類しました。(PDF

ちなみにグループ2の上である『グループ1』は、人に対して間違いなく発がん性があるとされ、放射線やアルコールなどが分類されています。

IARCの分類は、人に対して発がん性リスクがあるかどうかの『根拠の強さ』を表すもので、『リスクの大きさ』を表すものではありません。

放射線とアルコールは同じグループ1ですが、発がん性の強さが同じわけではないということです。

IARCの分類について

赤身肉とはなにを指す?

IARCでは赤身肉を『レッドミート』と言い、牛肉、豚肉、羊肉(ラム、マトン)、馬肉、山羊肉が含まれ、ほぼ全ての哺乳類の肉を示します。

鶏肉や七面鳥などの肉は含まれないようです。

赤身肉は何g摂取するとガンになる?

赤身肉を毎日100g摂取することで、大腸がんのリスクが高まると言われます。

赤身肉は、1週間で500g未満の摂取が推奨されています。

加工肉も発がん性リスクがある

加工肉は赤身肉よりも上の『グループ1』に分類されます。

加工肉は1日あたり50gの摂取で大腸がんのリスクが高まると言われます。

ゆーさんゆーさん

平均的な日本人の摂取では、ガンになるリスクはそこまで高くありませんが、過剰摂取には気をつけましょう!

赤身肉の問題点

赤身肉の問題点

次は赤身肉の問題点について解説します。

  • 安いエサが使われている(2つ)
  • ホルモン剤が投与されている

『肉骨粉』というエサが家畜に使われている可能性が

アメリカでは家畜のエサに『肉骨粉』というものが多く使われていると言われます。

『肉骨粉』とは動物の死骸を粉々に砕いて消毒した、家畜のエサのことです。

アメリカの大手ハンバーガーチェーン店では、その家畜の使用が問題となり裁判になったこともあるそうです。

肉骨粉の中には病気で亡くなった動物の死骸も含まれ、それを家畜のエサにしていたからです。

今はやっていないと言っていますが、実際はどうか分からないのが現実です。

日本はそこまでひどくはありませんが、安い肉にはその可能性があるということを知っておいた方がいいかなと思います。

遺伝子組み換え食品を家畜のエサにしている可能性が

また家畜のエサには、『遺伝子組み換え食品』である大豆やコーンが使われている可能性もあります。

遺伝子組み換え食品の表記ルールには、家畜のエサとして遺伝子組み換え食品を使用した場合、家畜を販売する際に表記の必要がないことになっています。

なので遺伝子組み換え食品をエサに使っていても分からないわけです。

遺伝子組み換え食品の問題は、引き継がれるということです。

それで問題になっているのが『不妊』です。

遺伝子組み換え食品を食べて育った家畜を、私たちが食べ、その影響がでているということです。

ホルモン剤が投与されている可能性

安い家畜には、早く出荷するためにホルモン剤が使用されることがあります。

その家畜を人間が食べることで、影響がでるかもしれないのです。。

女性であれば、初潮が早くなったり、生理痛が悪化したり、乳がんになる可能性も高くなります。

また男性だと、女性乳房化したり、前立腺がんになったりする可能性が高くなります。

【まとめ】赤身肉の悪影響について

【まとめ】赤身肉の悪影響について

肉を食べることで、人間にとって様々な悪影響を及ぼすことが分かっています。

特に女性は生理周期があるため影響を受けやすいです。

生理痛がひどい方は乳製品と肉の摂取を一度やめることをおススメします。

乳製品の悪影響についての記事はこちら↓

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。
無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!