【リバウンドを防ぐ方法5選】ダイエットは痩せたら終わりではない?
浮かれる人

1か月で3㎏のダイエットに成功しました!

ゆーさんゆーさん

おめでとうございます!
でも、ダイエットは痩せて終わりではないというのを知っていますか?

こんな人向けの記事
  • ダイエットの目標を達成した
  • ダイエット中の人
  • リバウンドしたくない人

この記事を見ることで、『ダイエットした後にリバウンドしないないための方法』について知ることができます!

この記事の内容
  • ダイエットのゴールとは?
  • リバウンドしないために消費カロリーを増やしていく
  • ダイエット中にわざとに停滞期を作る

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

ダイエットのゴールとは?

ダイエットのゴールとは?

皆さん、『ダイエットのゴール』って何だかわかりますか?

例えば3㎏痩せたい人が、食事や運動を頑張って1か月で3㎏痩せたとします。

そうすると普通なら3㎏痩せた時点でゴールですよね。

でもそれはダイエットのゴールではありません。

ダイエットのゴールとは、『無理な食事制限をしていない状態で、その3㎏痩せた状態をキープできるようになる』ということです。

すなわち『リバウンド』しない状態がゴールとなります。

リバウンドはこうやってなる

リバウンドはこうやってなる

どうしてリバウンドするか解説をしていきます。

このブログでも何度も出てきましたが、体重が増減する基本的な考え方がこれになります。

消費カロリー > 摂取カロリー → 痩せる
消費カロリー < 摂取カロリー → 太る
消費カロリー = 摂取カロリー → 変わらない

3㎏痩せることができたということは、
『消費カロリー > 摂取カロリー』の状態であったことが分かります。

食事を減らして摂取カロリーを減らすか、運動を増やして消費カロリーを増やすか、それとも両方か、というのがダイエットの基本になります。

リバウンドするときは、
『消費カロリー < 摂取カロリー』になっているということです。

気を付けないといけないことは、ダイエット後は太りやすいカラダになっているということです。

本来人間は体脂肪を落とさないようにする性質をもっており、ダイエットを続けていくと、消費カロリーを増やさないように体が勝手に調整します。

その結果、例えば今まで摂取カロリーが1800㎉で痩せていたところ、体が調整して1800㎉で痩せないような体になってしまうのです。

ダイエット後の太りやすい状態で、3㎏痩せたからと言って食事を少し増やせば一気に体重が元に戻ってしまうというわけです。

ダイエットする前よりもエネルギーを使わない状態になっているので、ダイエット前よりも体重が増えてしまう可能性もあります。

まとめ
  • 摂取カロリーを減らしていくと、体がそのカロリーでも体重維持できるような体になる
  • エネルギーを消費しにくい体なので、少し食べると一気に太ってしまう
  • ダイエット前よりも体重が増える可能性も

リバウンドを防ぐ方法5選

リバウンドを防ぐ方法5選

せっかく食事管理や、運動を頑張ったのにリバウンドしてしまうことほど辛いことはありません。

ゆーさんゆーさん

そうならないようにリバウンドを防ぐ方法を学びましょう!

リバウンドを防ぐ方法
  • 摂取カロリーを少しずつ増やしていく
  • なるべく食べて長期間のダイエットをする
  • ダイエット中に停滞期を作る
  • 有酸素運動をやりすぎない
  • 筋トレをする

【方法1】摂取カロリーを少しずつ増やしていく

先ほど説明したように、摂取カロリーを減らしていくと、消費カロリーも一緒に減ってしまいます。

しかしその逆の現象を起こすことも可能です。

少しずつ摂取カロリーを増やしていくと、消費カロリーもだんだんと増えていくのです。

【イメージ】
摂取カロリー減らす

痩せる

カラダの機能を抑えて、消費カロリーを増やさないようにする

摂取カロリーを増やす

抑えられた機能が働きだす

消費カロリーが増える

そのため目標値まで痩せることができたら、一気に摂取カロリーを増やすのではなく、1週間で50㎉ずつくらい摂取カロリーを増やしていきましょう!

【方法2】なるべく食べて長期間のダイエットをする

ダイエット中に短期間のダイエットをしようとすると、摂取カロリーを一気に落とさなくてはいけません。

それに伴いカラダはもっとカロリーを消費しにくい状態となってしまいます。

そうなってしまうとよりリバウンドしやすい状態になってしまいます。

そうならないように、なるべく食べて長期間ダイエットするようにしていきましょう。

目安としては、1か月に落とす体重を『体重の3~5%以内』にしましょう。

【例】70㎏(体重)×0.03(3%)=2.1㎏(1ヵ月で落としていい体重)

【方法3】ダイエット中に停滞期を作る

ダイエット中に停滞期をわざとにつくるという方法もあります。

【例】2週間で1㎏減量 → 1週間体重キープ → 2週間で1㎏減量 → 1週間キープ

こうすることで、体が太りやすい状態にならないようにすることができます。

【方法4】有酸素運動をやりすぎない

有酸素運動のやりすぎもよくありません。

有酸素運動をたくさん行うことよっても、カロリーを消費しにくいカラダになってしまいます。

特にマラソン選手は、走るのをやめてしまうとすぐに太ってしまいます。

走るのも30分くらいまでにしておきましょう。

【方法5】筋トレをする

ダイエットと筋トレは一緒に行うことを強くオススメします。

ダイエット中に摂取カロリーを減らしていくと、筋肉も一緒に減っていきます。

そうなってしまうと、ますます痩せにくく、太りやすいカラダとなってしまうのです。

また筋トレをすることで美しいカラダを手に入れることもできます。

【まとめ】リバウンド防ぐ方法5選

【まとめ】リバウンド防ぐ方法5選

最後にこの記事についてまとめていきます。

  • ダイエットのゴールは、リバウンドしない状態を作れるまで
  • ダイエットを進めていくと、なるべくカロリーを消費しないようなカラダになり、リバウンドする

【リバウンドを防ぐ方法5選】

  • 消費カロリーを少しずつ増やしていく
  • なるべく食べて長期間のダイエットをする
  • ダイエット中に停滞期を作る
  • 有酸素運動をやりすぎない
  • 筋トレをする

最後まで見ていただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!