艇学とは?メリットは?デメリットは?

今回は受験生なら1度は聞いたことがある、

艇学についてです。

私はボートレーサー養成所の試験を5回受けて、5回全て1次試験合格(122期~126期)。2次試験は1度だけ合格しました。その経験を踏まえて記事を書いております。

ボートレーサー志望必見!!競艇選手・ボートレーサーになるには??

私は艇学のスクールに3期通いました。その経験に基づいて艇学について話していきます。
最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

艇学とは?

『艇学』を簡単に説明すると、

ボートレーサー養成所の試験対策をしている予備校のようなものです。

艇学で行うことは?

艇学で行うことは

  • 1次試験の学科試験対策
  • 1次試験の体力試験対策
  • 2次試験での適正検査の対策
  • ボートレーサーになった時の為のトレーニング
  • 人物試験対策(面接・作文など)
  • メンタルトレーニング(最近力を入れているらしい) など

ポイントは試験対策のみを行っているわけではないということです。

私が通っているときはヨガなどもしていました。

艇学に通うと合格できる?

艇学に通うと必ず合格できるかといえば、そんなことは絶対にありません

ただし合格する可能性は高くなると思います。

しかし艇学に通っていたとしても合格できるかどうかは、当たり前ですが本人の頑張りしだいです。

高校入試や大学入試でもそうだと思います。結局は本人次第です。

艇学のメリット

ではなぜ艇学に通うのかを個人的な意見で述べさせてもらいます。

これは私が艇学に通っていた理由でもあります。大きく2つあります。

 まず1つ、それは『環境』です。

まず艇学に通うと周りにはライバルがいます。ライバルがいると競争心が芽生えます。その競争心のおかげで減量やトレーニング、勉強を頑張ることができます。

このライバル競争心が何よりも大切であると私は思います。

私は初受験から2回は艇学のスクールには通っていませんでした。それでも何とか1次試験は合格しましたが、2回とも2次試験止まり。体重もギリギリで受験していました

3回目に初めてスクール生として艇学に入りました。その後私の成績はぐんぐん伸び、体重も落とせるようになりました。

私は本当に後悔しました。「1回目からスクールに入っておけばよかった」と。

私の初受験の時は、「まぁ受かるだろう」という謎の自信がありました。しかしその自信は2次試験に行って一気になくなりました。

当時の私のように試験を甘く考えている人は、1度考えを変えて試験対策に取り組んだ方が良いです。

そして「絶対に1回で合格したい!」「絶対に合格したい!」と思っている方は艇学に通った方がいいでしょう。途中入学もできるようなので、なるべく早く決断することをおすすめします。

それに私が受験していた時に感じていたことですが、2次試験の受験回数が多くなればなるほど合格しにくいと感じていました。「最低でも2回で決める!」という気持ちで受験した方が良いと思います。

もし艇学について悩まれている場合は、相談にも乗りますので、ぜひTwitterでDMしていただければと思います。質問でも構いません。

艇学のメリット②

もう1つは

『試験の不安解消』です。

特に2次試験でこのメリットは痛感すると思います。

一度使ったことのある試験・器具があるだけで緊張感が全然違います。その気持ちの余裕があるかどうかで他の受験生との差が生まれます。

しかし今は養成所の試験はワンパンターンではなく、その期その期で変更している傾向があります。だから対策できないかといえばそうではありません。

2次試験もすべて変えているわけではなく、部分部分変えているので定番の種目は何種類もあります。そこは艇学でしっかりと対策しておきましょう。

そしてもう一つ気持ちの余裕が生まれるポイントは知り合いがいるかどうかです。

これはかなり大きいです。最低でも3日は養成所で試験を受けるので、そこで全く知り合いがいないのは辛いです。ストレスがたまったまま3日もいれば頭がおかしくなります。そのため休憩中や、風呂の時に喋れる友達がいるのはかなり大きいです。

不安解消のポイント

  • 試験の時にはなるべく不安をなくして受けた方が良い成績が取れやすい
  • 艇学で試験対策をして不安をなるべく減らす
  • 2次試験の時に艇学の友達がいればそれだけで不安が減る

艇学のデメリット

私が通っていて感じたデメリットは2点あります。

一つ目は値段です。

二つ目は東京と福岡にしかないという点です。

艇学の値段

艇学スクールに通う場合、まず艇学のDVDとテキストを買う必要があります。

DVDとテキストが 167,800円

それにプラスしてスクールの費用↓

入会金30,000円
施設利用料60,000円 ※1期分
受講料週1回コース 300,000円 ※1期分
週3回コース 600,000円 ※1期分

決して安い金額ではないと思います。

しかし私の意見としてはこれくらいの自己投資をするくらいの強い気持ちがなくてはダメだと思います。

大学に行くのには何百万、何千万とかかるわけですから、平均年収1500万の競艇選手にとっては安いくらいだと思います。

そんな私は、ありがたいことに親が出してくれました。本当に感謝しかないです。

東京と福岡にしかない

これは地方の人からすれば通うことが出来ないので不利のように思えますが、私は逆だと思います。

地方の人たちはチャンスです!

なぜなら、まず試験は同じ支部内の人たちと比べられ合否がでます。そして地方の方で艇学を利用している方はかなり少なく、自分だけ対策できていると他の支部内の受験生とかなりの差ができ合格する可能性がかなり高くなるからです。同じ支部内で比べられ合否が出るというのは公式に発表されている採点方法ではありません。私の個人的見解になります。しかし、まず間違いないと思います。)

そして通うかどうかはあなたのやる気次第です

私の知り合いには、他県から福岡に引っ越してきた人もいますし、深夜バスや新幹線で通っていた人もいます。本当に尊敬します。

他県かどうかは関係ないですね。

艇学について個人的感想・まとめ

最後に艇学について個人的な意見を述べます。

私は艇学福岡校のスクール生として3期お世話になりました。

その経験から結論を言うと、

ボートレーサーに本気でなりたいと思っている方であれば、艇学を受講した方が良い

と私は思っています。

確かに艇学を利用せずに合格する方はいます。しかし確率は低いです。少しでも合格する確率を上げたいのであれば艇学を利用するべきだと私は思います。

試験対策についての記事もありますので、こちらからどうぞ↓

https://yuuusan.com