【ぶら下がり健康器】家トレで絶対に買いたい背中・腹筋を鍛える器具
考える人

家トレで、背中を鍛えたいのですがどうすればいいですか?

ゆーさんゆーさん

家で背中を鍛えるのはかなり難しいので、『ぶら下がり健康器』があると家トレの質が上がりますよ!

こんな悩み向けの記事
  • 家で背中を鍛えたい
  • 懸垂をしたいけどぶら下がる場所がない
  • 家でできる筋トレ器具が欲しい

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

コロナ太り解消!家トレをしよう!

コロナ太り解消!家トレをしよう!

新型コロナウイルスの流行により、不要不急の外出をしなくなりました。

そうすると運動量が減少し『コロナ太り』する方が増えています。

ゆーさんゆーさん

私もその一人です(笑)

そこで注目されているのが、『家トレ』です。

家でできるだけ運動や筋トレをして、運動不足を解消している方が増えています。

そこで今回家トレでオススメの『ぶら下がり健康器』という商品を紹介させていただこうと思います。

ぶら下がり健康器とは?

ぶら下がり健康器とは?

『ぶら下がり健康器』とは、主に懸垂ができるトレーニング器具となっています。

元はといえば、懸垂を目的として作られたのではなく、ただ単にぶら下がることを目的として作られた商品でした。

ぶら下がることにより、背筋を伸ばすことができ、肩こりや腰痛に効果があるとされました。

ゆーさんゆーさん

今では、懸垂を目的とした商品の方が多いですね!

ぶら下がり健康器でできるトレーニングは?

ぶら下がり健康器でできるトレーニングは?

ぶら下がり健康器でできるトレーニングは、主にこんなものがあります。

  • 懸垂(チンニング)
  • レッグレイズ
  • ディップス
  • プッシュアップ
ゆーさんゆーさん

それぞれ簡単に解説をしていきますね!

懸垂(チンニング)

ぶら下がり健康器の一番の使い道が『懸垂(チンニング)』になります。

鍛えられる部位は、『広背筋』『大円筋』『二頭筋』です。

今では、ぶら下がり健康器とは言わずに『懸垂バー』といわれることもあります。

背中トレーニングは、家ではやりにくい部位になりますので、ジムに行けない方はぶら下がり健康器があるとかなり便利です。

ちなみに個人的に背中のトレーニングで、一番やってほしい種目が『懸垂』です。

懸垂について詳しく解説した記事がこちら↓

ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズは、ぶら下がった状態で、上半身は固定したまま、足を上にあげていくトレーニングになります。

ハンギングレッグレイズでは、『腹筋』を鍛えることができ、特に『下腹部』に有効な種目になります。

レッグレイズがやりやすくなるように、肘を置ける台が備わっている商品もあります。

ディップス

ディップスは、やり方にもよりますが、『上腕三頭筋(二の腕)』『大胸筋下部』を鍛えることができます。

プッシュアップ(腕立て)

商品によっては、プッシュアップ用のバーがついているものもあります。

『大胸筋』『上腕三頭筋』が鍛えられます。

ぶら下がり健康器・懸垂バーの種類について

ぶら下がり健康器・懸垂バーの種類について

ぶら下がり健康器と呼ばれるものは大きく2つ存在します。

ぶら下がるために作られたものと、筋トレ用に作られたものです。

こちらがぶら下がるために作られた商品です↓


こちらが筋トレ用です↓


この2つの商品の違いは、持つ部分の長さです。

ぶら下がるための器具は、手幅を長くする必要がないので、持つ部分が短く作られています。

一方筋トレ用は、懸垂をするときに手幅を長くするので、持つ部分が長めに作られています。

そして筋トレ用にはあと2種類別の懸垂バーがあります。

その商品は、ぶら下がり健康器を置く場所がない方にとって非常に便利な商品です。

こちらの商品は、つっぱり棒の超強化版みたいな商品です。

想像以上の安定性で、ぶら下がってもビクともしないらしいです。

注意点としては、壁が弱いとへこんだりする危険性もあるかもとのことです。

そしてもう一つは、ドアの裏に引っ掛けるようなタイプです。

この商品で注意することは、引っ掛ける場所があるかです。

購入するなら、引っ掛ける場所があるか確認してから購入しましょう。

ゆーさんゆーさん

ちなみに私はこの商品を持っています!


【ぶら下がり健康器】どれを買えばいい?

【ぶら下がり健康器】どれを買えばいい?

この4種類の中から、どのぶら下がり健康器を買えばいいのかを解説していきます。

ゆーさんゆーさん

購入の参考になればうれしいです!

筋トレをしっかりやりたい方はこれ!

筋トレをしっかりやりたい方は、こちらのぶら下がり健康器をオススメします。

こちらの商品は、アマゾンのぶら下がり健康器で1位の商品です。

もう少し安い商品もありますが、安すぎると耐久性などが心配になります。

こちらの商品は、価格も安すぎず高すぎずで、レビューもいいので悪くないと思います。

またレッグレイズ用のパッドがあったり、ディップスも可能なのがいいところです。

ぶら下がるだけならこれ!

シニア層の方などで、懸垂はしないけどぶら下がるだけをしたい方は、こちらの商品がオススメです。


価格も筋トレ用よりは安くなっているので、ぶら下がるだけならこれが良いです。

ゆーさんゆーさん

お誕生日や母の日・父の日などのプレゼントにもいいですね!

置き場所が無いならこの2つ!


この商品は価格もリーズナブルで、おき場所にも困らないという点は良いと思います。

先ほども言いましたが、「壁に取り付けても大丈夫か」「引っ掛けるところはあるか」というのは注意が必要になります。

【さいごに】 ぶら下がり健康器|家トレで絶対に買いたい背中・腹筋を鍛える器具

今回はぶら下がり健康器について解説をしていきました。

購入の参考になればうれしいです。

その他にも、『筋トレ』『ダイエット』などについて解説していますので、よっかたら見てください!

最後まで見ていただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!