【糖質制限】本当に痩せる?メリット・デメリットについて解説
考える人

ダイエットをするときは糖質は抜いたほうがいいですか?

ゆーさんゆーさん

私はあまりオススメしません!
糖質制限ダイエットについて詳しく解説します!

こんな悩み向けの記事
  • 糖質制限ダイエットについて知りたい
  • どうやってダイエットを始めればいいか分からない
  • ダイエットの正しい知識を身に着けたい

この記事を見ることで、『糖質制限ダイエットが本当に痩せるのか』『糖質制限ダイエットのメリット・デメリットは何か』について知ることができます!

この記事の内容
  • 糖質制限ダイエットとは?
  • 糖質制限のメリット・デメリット
  • 糖質制限は結局やっていいの?

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは、言葉の通り『糖質の摂取を制限するダイエット』になります。

糖質とは、炭水化物の一部で、米、小麦(パン・パスタ)などに多く含まれます。

糖質は摂取しすぎると、体脂肪となって蓄積されるため太る原因とも考えられています。

その太る原因とされる糖質を制限することで、痩せることができると考えられています。

糖質制限ダイエットのメリット

糖質制限ダイエットのメリット

投資制限ダイエットのメリットを解説していきます。

メリット
  • カロリーを制限できる
  • 難しい計算がいらない
  • 血糖値が上がらない
  • 糖化を防ぐ

カロリーを制限できる

一般的な食事の、大部分を占めているのは『糖質』です。

例えば、白米、麺、パンが代表的なものになります。

これらの食事は、『糖質』がメインであるため、それを制限することで大きくカロリーを抑えることができます。

難しい計算がいらない

単純に『糖質』を制限するだけなので、難しい計算はいりません。

一般的なダイエットは、カロリーを計算して消費カロリーよりも摂取カロリーが低くなるように計算します。

しかしそれらの計算を面倒だと思う人には楽だと言えます。

血糖値が急激に上がらない

糖質制限ダイエットは、血糖値が急激に上がることがありません。

糖質を摂取すると血糖値が上昇し、それに伴いインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、筋肉や肝臓に栄養を運ぶ役割があります。

しかし血糖値が急に上がりすぎると、インスリンが働きすぎて、筋肉や肝臓だけでなく、体脂肪にまで栄養を送ります。

そのため血糖値が上がらない糖質制限ダイエットは太らないとされます。

よく血糖値が急に上昇するようなものを食べないようにしようと言われるのはそのためです。

糖化を防ぐ

糖化とは、老化の1種になります。

糖質を摂取しすぎると、体内で終末糖化産物という頑固なこげを作り出します。

そのこげにより体内で炎症を引き起こしたり、コラーゲンを損失させてしまうのです。

糖質制限は、終末糖化産物の原因である、糖質を摂取しないので、糖化を防ぐことができます。

糖質制限ダイエットのデメリット

糖質制限ダイエットのデメリット

次は糖質制限ダイエットのデメリットを解説していきます。

デメリット
  • 水分が無くなる
  • 筋肉が張りにくくなる
  • 肌の潤いが失われる
  • 長期間続かない
  • 糖新生がおこる

水分が無くなる

糖質は体内で、水分とくっついて存在しています。

そのため糖質を制限すると、糖質とくっついていた水分も排出され体重が一気に落ちます。

糖質制限をすると、体重がすぐに落ちますが、最初に落ちた体重はは水分であることが多いです。

また糖質制限をやめると、体内に水分が多くなり、体重が増えてしまいます。

体重は落ちますが、水も含まれていることは知っておきましょう。

筋肉が張りにくくなる

糖質制限をすると水分がなくなるので、筋肉が張りにくくなります。

そうすると肌の張りもなく、潤いもなくなってしまいます。

長期間続かない

糖質制限は長期間続かないことが、多くの研究で明らかになっています。

糖質は人間がはるか昔から、生命維持のためのメインのエネルギー源として摂取してきたものです。

それを制限してしまうのは、本能的に不可能に近いのです。

そのため長期間続かず、ダイエットに失敗するか、リバウンドしやすくなってしまいます。

糖新生がおこる

糖質を完全に制限してしまうと糖新生が起こります。

糖新生は、血糖値が下がった時に、体内でアミノ酸からグルコースを作り出す働きのことを言います。

アミノ酸を作り出すために、筋肉を分解して、グルーコースを作りだす場合もあります。

そうすると、糖質を制限し、糖新生が起こることで、筋肉が減ってしまうのです。

筋肉が減ってしまうと代謝が下がってしまい、どんどん痩せにくいカラダになってしまいます。

結論:完全に糖質を抜く糖質制限ダイエットはオススメできない

結論:完全に糖質を抜く糖質制限ダイエットはオススメできない

結論から言うと、『完全に糖質を抜いてしまう糖質制限ダイエットはオススメできません。

なぜなら健康に害を及ぼす危険があるからです。

生命維持のために必要な、三大栄養素のうちの1つを摂取しないというのは、かなり危険なことだと言えます。

しかし、普段の食事の80%が糖質だとして、そこから50%に下げる糖質制限はOKです。

あくまで『完全に抜くのはNG』だということです。

糖質制限=糖質を全く摂取しないと思われがちですが、『摂取しすぎている糖質を、制限する』というのはとてもいいことです。

糖質制限は完全に摂取しないのではなく、適切な量を適切なものから摂取するのが大切です。

実際にどれぐらい糖質を摂取すればいい?

実際にどれぐらい糖質を摂取すればいい?

私がダイエット中にオススメする三大栄養素の摂取量の目安はこちらです。

P=除脂肪体重×1~2g
F=総摂取カロリーの10~20%
C=のこり

詳しくはこちらの記事を参考にしてください!

ゆーさんゆーさん

私はダイエット中こそ、糖質はなるべく多く摂取したほうがいいと考えています。

【まとめ】糖質制限ダイエットについて

【まとめ】糖質制限ダイエットについて

最後にこの記事についてまとめていきます!

糖質制限ダイエットのメリット
  • カロリーを制限できる
  • 難しい計算がいらない
  • 血糖値が上がらない
  • 糖化を防ぐ
糖質制限ダイエットのデメリット
  • 水分がなくなる
  • 筋肉が張りにくくなる
  • 肌の潤いが失われる
  • 長期間続かない
  • 糖新生がおこる

これらを考慮したうえで、私は糖質制限ダイエットはオススメしません!

しかし、糖質を完全に抜くのではなく、摂りすぎないようにするのは大切なことです。

また、「どんな糖質を摂取するか」というのも重要になってきます。

その記事については、また別で書きたい思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!