【チートデイについて解説】ダイエットの停滞期打破に効果あり!
考える人

ダイエットしているのですが、チートデイについて詳しく知りたいです!

ゆーさんゆーさん

チートデイは停滞期打破のために用いられます!
詳しく解説しますね!

こんな悩み向けの記事
  • チートデイについて知りたい
  • チートデイのやり方を知りたい
  • 停滞期を打破したい

この記事を見ることで、『チートデイのやり方や、チートデイの効果』について知ることができます!

この記事の内容
  • チートデイとは
  • チートデイのやり方
  • チートデイで注意すること

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強
・週6で筋トレ

チートデイとは?

チートデイとは?

チートデイとは、『ダイエット・減量中に、1日だけ何でも食べてもいい、という日を作る方法』です。

他にも『リフィード』と言われることもあります。

なぜチートデイを作る?

なぜチートデイを作る?

チートデイを作る理由は、『食事制限によって下がった代謝を、1日だけたくさん食べることによって、再び代謝を上げ、さらに痩せやすくするためです』です。

ダイエット・減量中にはカロリーの少ないもの摂取するようになります。

そうすると、カラダが少ない摂取カロリーでも活動できるように対応し、消費カロリーを自然と減らす(代謝が下がる)ようになります。

その結果、摂取カロリーを減らしているのに体重が変動しない『停滞期』に入ってしまいます。

その停滞期を打破するために、『チートデイ』を用いるのです。

チートデイの効果

チートデイの効果

チートデイの効果は『代謝を上げる』以外に、精神面にとってもメリットがあります。

ゆーさんゆーさん

チートデイがもたらしてくれる効果について簡単に解説します!

チートデイの効果
  • 代謝を上げる
  • ダイエット・減量のきつさを和らげる
  • トレーニングを頑張れる

【効果1】代謝を上げる

先ほども触れましたが、チートデイを用いることで『代謝を上げて、停滞期を打破』することができます。

ダイエット・減量中の食事で、代謝が下がっているところに、摂取カロリーを急に増やすことでカラダは代謝を上げようします。

すなわち、『カラダをだます(チート)』というわけです。

代謝が上がる理由は、脂肪組織からのレプチン分泌が増え、脂肪消費に関わるホルモン(テストステロンなど)の分泌が上昇するなど、様々な理由がある。

【効果2】ダイエット・減量のきつさを和らげる

チートデイは『ダイエット・減量による、精神的な疲労を和らげる』ことができます。

カロリーを気にした生活や、質素な食事によって、いつの間にかストレスを抱えてしまっています。

チートデイでカロリーを気にせずに食べることで、そのストレスから一時的に解放することができます。

また糖質を摂取することで、幸福ホルモンである『セロトニン』が分泌され、幸福感を感じることもできます。

さらにチートデイを作ることで、「チートデイまでダイエット頑張ろう!」と思うこともできます。

ゆーさんゆーさん

チートデイは精神的回復にも効果あり!

【効果3】トレーニングを頑張れる

チートデイは摂取カロリーを増やすので、チートデイ当日や次の日のエネルギーが満タンになっています。

そのためハードなトレーニングもできるようになっています。

チートデイのやり方

チートデイのやり方

チートデイのやり方に正解は存在しません。

例えば、『チートデイは炭水化物だけ増やす(カーボアップ)』をする人もいれば、『ただ好きなものだけをひたすら食べる人』もいます。

ゆーさんゆーさん

チートデイの代表的なやり方を紹介します!

何でも好きなものを食べる人

チートデイは、何でも好きなものを食べる日』と決めている人もいます。

その場合は、精神的な疲労の回復に効果あります。

どうしても食べたいものがあるような方は、この方法がオススメです。

炭水化物だけ増やす(カーボアップ)

炭水化物だけ増やす(カーボアップ)』方法は、何でも好きなものを食べる人よりは、体脂肪が増える危険性が低くなります。

反対に、なんでも好きなものを食べる場合よりも、精神的な回復は少なくなってしまいます。

そのため、どうしても食べたいものが無かったり、まだ減量の疲労がそこまでたまっていないような方にオススメできます。

1食だけ好きなものを食べる

『1日』好きなものを食べるのではなく、1日の食事の内の『1食』だけを好きなものを食べる、というやり方もあります。

その1食だけ好きなものを食べる方法を『チートミール』と呼ぶこともあります。

『チートミール』は比較的生活に取り入れやすいのが特徴です。

例えば、どうしても断れない食事会などをチートミールと設定することで、ダイエット・減量中であっても、うまく付き合うことができます。

チートデイの頻度

チートデイの頻度は、個人の自由になってきます。

週に1回チートデイを入れる人もいれば、月に1回入れる人もいます。

中には、3日に1回の頻度で軽いチートデイを入れるような方もいます。

ゆーさんゆーさん

自分がどれくらいの頻度で必要なのか、自分のカラダと向き合って決めるようにしましょう!

チートデイの注意点

チートデイの注意点

チートデイにはいくつか注意することがありますので、それについて解説をしていきます。

注意点
  • 食べることを恐れない
  • あくまでダイエットを頑張っていないと効果はない
  • いつかはチートデイを卒業する

【注意1】食べることを恐れない

はじめてチートデイを入れるときは、「これまで頑張ってきたのに体重が増えたら嫌だ」と思ってしまうことが多いです。

私も減量中に、初めてチートデイを入れるときは同じような気持ちでした。

チートデイを入れた次の日はどうしても体重が増えますが、それは脂肪が増えたというよりも、『食事そのままの質量』や『水分』がほとんどです。

そのため、チートデイ後の体重増加はそこまで気にする必要はありません。

チートデイをした後に、再びダイエット・減量を頑張れば、体重は必ず落ちていきます。

【注意2】あくまでダイエットを頑張っていないと効果はない

チートデイは効果を実感しやすいですが、『普段のダイエット・減量を頑張っていないと効果はない』と思ってください。

週に1回チートデイを入れるとすれば、残りの週6を頑張っていないと意味がないということです。

一度チートデイを入れたら、次のチートデイまでにはダイエット・減量が進んでおくようにしましょう。

【注意3】いつかはチートデイを卒業する

いつかはチートデイを卒業する』ということを頭に入れておいてください。

チートデイはあくまで停滞期を打破するためのテクニックです。

自分の目標とする体脂肪率・体形になったら、次は何もしなくても、そのカラダをキープできるように取り組まなくてはいけません。

ダイエット・減量を頑張ったご褒美が、『食べること』にならないように頑張りましょう。

リバウンドを防ぐ方法はこちらの記事を参考にしてください↓

【まとめ】チートデイについて

【まとめ】チートデイについて

最後にこの記事についてまとめていきます。

まとめ
  • チートデイとは『ダイエット・減量中に1日だけ、何でも食べてもいいという日を作る方法
  • チートデイを作ることで、『停滞期打破』『精神的疲労の回復』『トレーニングのモチベーションを上げる』などの効果がある
  • チートデイは『普段のダイエット・減量を頑張っていないと効果がない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!