【サイクルダイエット】チートデイよりも停滞期打破の効果あり⁉
考える人

チートデイをしても停滞期が打破できません。。

ゆーさんゆーさん

そういう時は、『サイクルダイエット』を用いるといいですね!

こんな悩み向けの記事
  • 停滞期を打破したい
  • チートデイの効果が無かった

ダイエット・減量を頑張っていると、体重の変動がない『停滞期』がいつかは訪れます。

せっかく食事や運動を頑張っているのに痩せれないと、体力だけでなく精神的にもかなりきついです。

その結果、ストレスがたまってしまい、暴飲暴食をしてしまう可能性があります。

せっかく今まで頑張ってきたダイエット・減量が、『停滞期』によって台無しになってしまうのです。。

ゆーさん困り顔

私もダイエット・減量をしたときに『停滞期』にはとても苦戦しました。

そうならないためにこの記事で、『停滞期を打破する方法』を学びましょう!

『停滞期を打破する方法』を知ることで、大きな精神的なストレスを抱えずにダイエット・減量を続けることができ、理想のカラダに近づくことができます。

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

サイクルダイエットとは?

サイクルダイエットとは?

サイクルダイエットは、『摂取カロリーを増やして代謝を上げ、停滞期を打破する方法』です。

基本的な考え方は『チートデイ』と同じになります。

しかしチートデイよりも、より精密にカロリーを計算して行いうのが、『サイクルダイエット』です。

サイクルダイエットを行う理由

サイクルダイエットを行う理由

サイクルダイエットを行う理由は、『食事制限によって下がった代謝を、1日だけ摂取カロリーを増やすことで、再び代謝を上げ、停滞期を打破するため』です。

ダイエット・減量中には、どうしてもカロリーの少ないもの摂取するようになります。

そうすると、カラダが少ない摂取カロリーでも活動できるように対応し、消費カロリーを自然と減らす(代謝が下がる)ようになります。

その結果、摂取カロリーを減らしているのにもかかわらず、体重が減らなくなるという『停滞期』に入ってしまいます。

その停滞期を打破するために、『サイクルダイエット』を用いるのです。

停滞期打破の方法では『チートデイ』の方が有名ではありますが、「チートデイの効果が無かった」という方は『サイクルダイエット』を行うと停滞期を打破できるかもしれません。

【チートデイについて詳しく解説した記事はこちら↓】

サイクルダイエットのやり方

サイクルダイエットのやり方

サイクルダイエットはチートデイよりも、小刻みにカロリーを変化させていきます。

例えば、「2日は低エネルギーを続け、3日目に高エネルギー」というように繰り返していきます。

頻度は3日に1回のペースだけでなく、4日に1回や5日に1回というように個人の自由になります。

またチートデイでは基本好きなものを食べるのが一般的ですが、サイクルダイエットは設定したカロリーの内で行います。

例、【3日に1回のペースで行う場合】

通常のダイエット時の摂取カロリーが1日で2000㎉だとすると、3日間の合計はで6000㎉になる。

3日に1回のペースで高カロリーにするので、6000㎉を分けて3日目に一番カロリーが多くなるようにする。

例えば2日間は1700㎉で、3日目は2600㎉として繰り返していく。

ゆーさんゆーさん

3日間のカロリーの合計は変わらないけど、変化があるので代謝が下がりにくい!

【別のやり方】炭水化物だけ変化をつける

他にも炭水化物だけで、変化をつけていく方法もあります。

例えば、2日間はローカーボで、3日目だけハイカーボという感じです。

サイクルダイエットの効果

サイクルダイエットの効果

ゆーさんゆーさん

サイクルダイエットがもたらしてくれる効果について簡単に解説します!

サイクルダイエットの効果
  • 代謝を上げる
  • ダイエット・減量のきつさを和らげる
  • トレーニングを頑張れる

代謝を上げる

先ほども触れましたが、サイクルダイエットを用いることで『代謝を上げて、停滞期を打破』することができます。

ダイエット・減量中の食事で、代謝が下がっているところに、摂取カロリーを急に増やすことでカラダは代謝を上げようします。

代謝が上がる理由は、脂肪組織からのレプチン分泌が増え、脂肪消費に関わるホルモン(テストステロンなど)の分泌が上昇するなど、様々な理由がある。

ダイエット・減量のきつさを和らげる

サイクルダイエットは『ダイエット・減量による精神的な疲労を和らげる』効果もあります。

サイクルダイエットは定期的にカロリーを増やすことができるので、カロリーを低くしているときでも頑張れます。

また糖質を多く摂取すると、幸福ホルモンである『セロトニン』が分泌され、幸福感を感じることもできます。

サイクルダイエットはチートデイほど、食べることはできませんが、チートデイよりも頻度が高いため、ストレスをためにくくなります。

ゆーさんゆーさん

サイクルダイエットは精神的に楽!

トレーニングを頑張れる

サイクルダイエットは摂取カロリーを増やした当日や、次の日のエネルギーが満タンになっています。

そのためハードなトレーニングもできるようになっています。

サイクルダイエットと、チートデイの違い

サイクルダイエットと、チートデイの違い次は『サイクルダイエットが、チートデイと異なるところ』について紹介していきます!

  • サイクルダイエットは、ストレスがたまりにくく精神的に楽である
  • チートデイは内臓への負担が大きい
  • サイクルダイエットは、チートデイほどなんでも食べられるわけではない
  • サイクルダイエットは、低カロリー中の日はかなりきつい可能性がある

サイクルダイエットは、ストレスがたまりにくく精神的に楽である

サイクルダイエットは、早いペースで高カロリーの食事をすることができるため、ストレスがたまりにくいです。

3日のペースでやるとしたら、「2日頑張れば、高カロリーの食事ができる!」と思うこともできます。

チートデイは1週間に1回がベーシックなので、それに比べると精神的には楽だと思います。

チートデイは内臓への負担が大きい

チートデイは何でも好きなものを食べるので、『内臓への負担が大きい』です。

普段は質素なものを食べているところに、高糖質高脂質なものを、急にカラダに入れてしまうのはあまりいいことではありません。

サイクルダイエットは、なんでも好きなものを食べるのではなく、『決められたカロリー内』で行うため、そこまで大きな負担はないと思います。

サイクルダイエットは、チートデイほどなんでも食べられるわけではない

サイクルダイエットは、高カロリーの日でも『決められたカロリー内』での食事なので、なんでも食べられるというわけではありません。

そのためチートデイの方が、解放感を強く得られるとおもいます。

サイクルダイエットは、低カロリー中の日はかなりきつい可能性が

サイクルダイエットはわざとに、摂取カロリーの上下をつくるので、低カロリーの日はかなりきつく感じる可能性もあります。

仕事などのパフォーマンスに影響しないか考える必要があります。

結局、チートデイとサイクルダイエットどっちが効果あるの?

結局、チートデイとサイクルダイエットどっちが効果あるの?結局、「チートデイと、サイクルダイエットのどちらが効果があるのか?」

この答えは、『どちらともいえない』になります。

チートデイを用いることで、停滞期を打破できる人もいれば、できない人もいます。

これは個人によって変わってきますし、普段の食事やライフスタイルかにもよって変わってきます。

結局のところは、『実際にやってみるしかない』ということです。

【まとめ】サイクルダイエットについて

【まとめ】サイクルダイエットについて最後に『サイクルダイエット』についてまとめていきます!

  • サイクルダイエットは、『摂取カロリーを増やすことで代謝を上げて停滞期を打破する方法
  • サイクルダイエットの効果は、『代謝を上げる』『ダイエット・減量のきつさを和らげる』『トレーニングを頑張れる
  • サイクルダイエットとチートデイは、実際にやってみてどれくらい効果があるのか確かめる必要がある。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【チートデイについて詳しく解説した記事はこちら↓】

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!