【美脚になる①】立ったときの重心の位置で脚の太さが変わる⁉|プロが解説
考える女性

お腹はそこまで出てないと思うんですが、脚だけ異様に太いです。。

ゆーさんゆーさん

そんな悩みを持つ方は多いですね!

考える女性

改善する方法はありますか?

ゆーさんゆーさん

もちろんあります!美脚になるための方法を紹介していきます!

こんな悩み向けの
  • 脚だけ異常に太い気がする
  • 脚を細くしたい!
  • 脚を細くする方法を知りたい!

お腹や顔にはそこまで脂肪がついていないのに、なぜか脚だけ太いな。。」と思ったことはありませんか?

それは普段の歩き方や立ち方、筋肉の使い方が悪いことによって起こっていると考えられます。

この記事では、「美脚になるための重心」について解説していきます。美脚になりたい方は必見です!

ゆーさんゆーさん

【美脚になる方法】はシリーズ化してく予定ですので、他の記事もお楽しみに!

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強
・インスタフォロワー2300人超

【美脚づくり】脚が太くなる重心とは?

【美脚づくり】脚が太くなる重心とは?普段みなさんが立っているときに、どこに重心がかかっているか意識したことはあるでしょうか?

ゆーさんゆーさん

ほとんどの方はそんなことを意識しないと思いますが、もし間違った重心のかけ方をしていれば、脚が太くなる原因になります!

自分の重心をチェックしよう!

ゆーさんゆーさん

まずは普通に立ったときに、どこに重心がかかっているのかをチェックしましょう。

チェック方法
  1. 直立した姿勢で、少し前に体重をかけ『つま先』に重心をかける
  2. その後、少し後ろに体重をかけ『かかと』に重心をかける
  3. それを数回繰り返す
  4. 『つま先』か『かかと』か、どちらに体重をかけたときが楽だったか確認する

『つまさき』重心が楽だった方

『つまさき』重心が楽だった方は、

前傾する姿勢を支えるために、『太ももの前』が常に働いてしまっている状態になります。

そのため、太もも前がどんどん発達してしまいます。

ゆーさんゆーさん

『つまさき』重心の方は、トレーニングをしても前の太ももばかりに効いているという方が多いです!

『かかと』重心が楽だった方

『かかと』重心が楽だったという方は、『太ももの裏』が働きやすい状態になっています。

そうなってしまうと、太ももの裏の筋肉が常に働き、筋肉が硬くなってしまい、骨盤を後傾させてしまいます。

骨盤が後傾してしまうと、お尻の筋肉が使えなくなり、お尻が下がってしまう原因になります。

重心のポイント
  • つま先重心→前ももの発達
  • かかと重心→骨盤が後傾しやすくなり、お尻のたるみに

【美脚づくり】立っているときの重心位置の正解は?

【美脚づくり】立っているときの重心位置の正解は?立っているときの重心の位置の正解を考えてみましょう。

先ほど説明したのは、つまさきに重心が乗ると『太ももの前』の筋肉が過度に使われ、かかとに重心が乗ると『太ももの裏』の筋肉が過度に使われてしまうということでした。

では、筋肉を使わないように立つにはどうすればいいのでしょうか?

それは、骨で立つようにすればいいのです。

わたしたちの体重が、地面に対して垂直にかかっていればムダな筋肉を使うことなく立つことができます。

そうすると、普段から余計な筋肉を使うことがなくなり、美脚をつくりだすことができるのです。

骨で立つようにするには?

考える女性

骨で立つといわれてもよくわかりません。。。

ゆーさんゆーさん

そうですよね!具体的解説しますね!

骨で立つようにするには、くるぶしの内側に重心が来るように意識すればOKです。

内側のくるぶしに重心が乗るように意識すると、カラダを前後に倒しても、筋肉がムダに使われている感じがなくなり楽に立てるようになります。

【まとめ】立ったときの重心の位置で脚の太さが変わる⁉

【まとめ】立ったときの重心の位置で脚の太さが変わる⁉さいごにこの記事についてまとめます!

まとめ
  • つま先重心→前ももの発達
  • かかと重心→骨盤が後傾しやすくなり、お尻のたるみに
  • くるぶしの内側に重心を置くと。ムダに筋肉が使われない

【即行動‼】具体的TODO

具体的TODO

ゆーさんゆーさん

この記事を見たあとにできる具体的TODOです!

具体的TODO
  1. 普段どこに重心が乗っているのかチェック
  2. くるぶしの内側に重心が乗ったまま普段から生活する

最期までご覧いただきありがとうございました!

【美脚になる②】も合わせてご覧ください。

これからも筋トレや、ダイエットについてガンガン投稿していきますので、ブックマークのほどよろしくおねがいします。

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!