【今さら聞けない!】フリーウエイトとマシンはどっちをやるべき?
考える人

あの、、筋トレを始めたのですが、フリーウエイトとマシンはどっちをやったらいいですか?

ゆーさんゆーさん

どちらともメリットがあるので、両方やるべきですね!
詳しく解説します!

こんな悩み向けの記事
  • フリーウエイトとマシンはどっちをやればいいのか
  • フリーウエイトのメリットってなに?
  • マシンのメリットってなに?

筋トレを始めるときに、「フリーウエイトとマシンはどっちをやればいいのかな」と思ったことはありませんか?

フリーウエイトとマシンはどちらにもメリットがあり、目的に合わせて使い分けるようにしましょう!

ゆーさんゆーさん

この記事では、「フリーウエイトとマシンのそれぞれのメリット・デメリット」「それぞれをどう使わけるのか」などについて解説します!

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強
・インスタフォロワー2400人超

フリーウエイトのメリットとは?

フリーウエイトのメリットとは?フリーウエイトとは、バーベルやダンベルのことを指します。

ゆーさんゆーさん

バーベルトレーニングのメリットについて紹介していきます!

一度に複数の筋肉に刺激を入れられる

フリーウエイトは、一度に複数の筋肉に刺激を入れることができます。

そのため、より高重量を扱うことができ、筋肉を大きく成長させます。

また一度に複数の筋肉を使うため、短時間で全身のトレーニングをすることも可能です。

普段の生活や、スポーツに活きる

フリーウエイトは重力の影響を受けますので、普段の生活やスポーツに活かすことができます。

ゆーさんゆーさん

日常生活のパフォーマンスアップをしたい方は、フリーウエイトがオススメです!

1つの器具で複数のトレーニングが可能

バーベル1つで、複数のトレーニングをすることが可能になります。

例えばこんな種目ができます。

  • 胸:ベンチプレス
  • 背中:ベントオーバーロウ
  • 脚:スクワット
  • 肩:ミリタリープレス
  • 二頭:バーバルカール
  • 三頭:ナロープレス

これだけでなく、まだまだたくさんの種目をすることができ、バーバルだけで全身を鍛えることができます。

家トレでもオススメ

フリーウエイトは家トレをする方にオススメです。

バーバル1つあれば十分なトレーニングができるので、たくさんの器具を集める必要はありません。

さらにマシンを揃えるよりは、大きなスペースを取らないので、家に置くことも可能です。

ゆーさんゆーさん

家トレされる方には、フリーウエイトがオススメです!

マシンのメリットとは?

マシンのメリットとは?次は、マシンのメリットについて解説をしていきます!

一般的なジムにあるマシンには、ウエイトスタック式、プレート式、ケーブルを用いたものなどがあります。

ゆーさんゆーさん

これらのマシンは、フリーウエイトとは違ったメリットがありますので、それぞれ紹介していきます!

初心者でも使いやすい

マシンは軌道が決まっており、初心者の方でも使いやすくなっています。

また、説明をみるだけで簡単に取り組むことができるのがマシンのメリットです。

最近のマシンにはQRコードがついていて、それを読み取ることで、マシンの説明動画をみることができたりもします。

安全に使える

マシンは、フリーウエイトに比べると安全に使うことができます。

フリーウエイトは、バーベルやダンベルを支えるものが、自分の力だけなので危険を伴います。

しかし、マシンにはレールや滑車などがついているためフリーウエイトほどの危険はありません。

特定の筋肉を鍛えることができる

フリーウエイトは、複数の筋肉を一度に使いますが、マシンは特定の筋肉を狙って鍛えることができます。

使いたくない筋肉を温存できるので、疲労が溜まらないようにすることができます。

フリーウエイトのデメリットとは?

フリーウエイトのデメリットとは?

ゆーさん困り顔

では、フリーウエイトにはどんなデメリットがあるでしょうか?

危険性がある

フリーウエイトは、重さを支えるものが自分しかいないので危険を伴います。

フリーウエイトを何かのミスで落としてしまうと大ケガにつながりますし、正しいフォームで筋トレができていないとケガを招きます。

正しいフォームの習得には、専門家に直接に習いに行くのが最も良い手段だと思います。

単純に難しい

フリーウエイトは自分で重さ・器具をコントロールする必要がありますので、単純に難しくなります。

フリーウエイトで、自分の鍛えたい筋肉に効かせるためには、正しいフォームを習得する必要があります。

専門家に直接習うことで、早く解決できますが、自分でも解剖学や力学といった知識を学ぶのは大切なことです。

マシンのデメリットとは?

マシンのデメリットとは?

ゆーさん困り顔

マシンを使ったトレーニングは、どんなデメリットがあるでしょうか?

負荷が直接入らない

マシンはフリーウエイトとは異なり、レールや滑車などの部品がありますので、直接の負荷がかかりにくくなってしまいます。

そのため、マシン自体に負荷が逃げてしまい、筋肉への刺激が少なくなってしまいます。

摩擦が発生する

マシンを動かすと、どうしても摩擦が発生してしまいます。

摩擦が発生すると、重さを耐えながら下ろすとき(エキセントリック)の負荷が軽くなってしまいます。

特定の動きしかできない

マシンはフリーウエイトと比べると、自由度は大きく下がってしまいます。

また、最近では海外製品のマシンが多く、日本人のカラダに合わないというものもあります。

特に女性はマシンに手が届かなかったり、シートが自分のカラダに合わなかったりというケースが多いです。

その合っていない状態で筋トレを続けてしまうと、ケガにつながってしまいますので、気をつけましょう。

フリーウエイトとマシンはどっちが良い?

フリーウエイトとマシンはどっちが良い?フリーウエイトとマシンには、それぞれメリット・デメリットがありますので、自分の目的にあった方を選択するようにしましょう。

例えば、複数の筋肉を動員するフリーウエイトを先にして、その後に部位を限定できるマシンを使う、というようにするのもOKです。

また、脚を細くしたいという女性であれば、マシンよりも複数の筋肉を一度に鍛えられるフリーウエイトの方がオススメです。

また、フリーウエイトを扱うのが怖いという方は、自重のスクワットから始めるようにしましょう。

【まとめ】フリーウエイトとマシンはどっちをやるべき?

【まとめ】フリーウエイトとマシンはどっちをやるべき?さいごにこの記事についてまとめていきます。

  • フリーウエイトもマシンもそれぞれのメリットがある
  • 目的に応じて自分で選択するのが大切
  • オススメは、『フリーウエイト → マシン』の流れ

さいごまで見ていただきありがとうございました!

これからも筋トレや、ダイエットについてガンガン投稿していきますので、ブックマークのほどよろしくおねがいします。

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。

無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!