【ボートレーサー試験】1次試験の合格通知はいつ届く?

こんにちは!ゆーさんブログです。

一次試験が終わると一番気になることは合否についてです。

合否が気になって、夜も眠れない方もいるかも。。。

そんな方に合否がいつ届くのかについて説明していきますので、最後までお付き合いいただけれたらとおもいます。

ゆーさんはボートレーサ養成所の試験を5回受けて、5回とも1次試験合格。2次試験には1度合格しました。その経験をもとに書いているブログです。

ボートレーサーになりたい方の参考になればと思います。

具体的な試験対策についてはこちら↓

合否が届く方法

合否が届く方法は2つあります。

①郵送
②電話

①郵送
1次試験の時に白い封筒に住所を書くように指示があります。
その封筒に合否通知書が入った状態で届きます。

②電話
出願した競走会から電話があります。
しかし電話があるのは合格者のみです。
不合格の方は後日郵送で届きます。(合格した方も後日郵送で合格通知が届きます)

電話での合格通知は全ての支部ではない

電話は郵送よりも早く合格の連絡が来ますが、全ての支部ではありません。

電話での通知を行う支部は、基本的には合格者数が少ない支部です。

私は比較的受験者数の多い九州支局(福岡)でしたので、合格通知は郵送でした。

私もすべての支部を把握しているわけではありませんが、尼崎、佐賀、長崎は電話だったと思います。(その他にも電話で通知が来る支部はあります)

※電話をとれなかったとしても合格であることは変わりません。とれなかったとしてもそのあと何度かかかってきます。

郵送で合否通知書が届く日はいつ?

一番気になるのは合格通知がいつ届くのかということですね。

電話で通知が来る方『火曜日~金曜日だと思われます。

郵送で通知が来る方は『水曜日~金曜日だと思われます。

基本的に受験者数が多い支部は一番遅いです。
九州支局は金曜日でした。

※128期は土~日曜に届いた方が多くいました。
トラブルなどで遅くなる可能性もあります。

合格通知書は開けなくても結果が分かってしまう

合格通知書は郵送されてポストに入っています。

そのポストに入っている封筒を手に取った瞬間に合否が分かってしまいます。
もしかすると見た瞬間に分かってしまうかも。。。

なぜ分かるのか。
それは、、封筒の厚さです。

封筒の厚さが分厚いと合格。薄いと不合格です。。

合格者には2次試験の詳細が書いてある紙が数枚入っているため分厚いです。

しかし不合格の方は通知書1枚のみです。。。

ポストを開けるときは分厚いことを願いましょう!

合否通知書が届かないとき

もし合否通知書が届かなかったときどうすればいいのか。

1次試験のときに説明があると思いますが、
試験終了後1週間を過ぎて合否通知が届かないときは、次の週の月曜日に養成所または願書を提出した支部に電話で聞きます。

電話するのは必ず受験した本人です。

その際は、受験番号も用意しておきましょう。

詳しくは1次試験の時にもらった要項に書いていますので、必ず確認してください。

受験者数の多い支部でも、合格者は後日電話がある

福岡や東京などの受験者数が多い支部にも、合格通知が届いた後に支部から電話があります。

初めて合格した方は、後日『支部面談』があるのでそれについて説明があります。

2回目以降の方は、支部面談はなく、電話で簡単なやり取りがあります。

【まとめ】1次試験の合格通知はいつ届く?

合否が伝えられるのは2通り。
①郵送 ②電話
※電話は合格者数が少ない支部のみで、合格者のみ電話が来る。

電話がかかるのは火曜日~水曜日
通知書が届くのは水曜日~金曜日
※受験者数が多い支部は届くのが遅い

  • 合格通知書は分厚いと合格。薄いと不合格。
  • 1週間たっても通知書が届かなかったときは、次の週の月曜日に養成所または受験した支部に本人が電話する。
  • 1次試験のときにもらう要項を必ず確認する。

1次試験が終わって結果が届くまではドキドキだとは思いますが、合格していることを信じて2次3次対策をしましょう!

皆さんの合格をゆーさんブログは願っております。

Twitterでも情報発信していますのでフォローお願いします。