ゆーさんブログ

筋トレ・ダイエットについて学ぶならゆーさんブログ

ホームジム用の可変式ダンベルオススメ5選|おばあちゃんでもわかる

可変式ダンベルおススメ5選【おばあちゃんでもわかる】
おばあちゃんおばあちゃん

可変式ダンベルが欲しいけど、どれを買えばいいんだろう?

ゆーさんゆーさん

オススメの可変式ダンベルについてまとめました!
参考にしてみてください!

こんな人向けの記事
  • 家トレ用のダンベルが欲しい
  • 可変式ダンベルが欲しい
  • 一番可変式ダンベルを知りたい

この記事を見ることで、可変式ダンベルを自分に合った、可変式ダンベルを選ぶことができます!

この記事の内容
  • 可変式ダンベルを5つにまとめた
  • それぞれにあった可変式ダンベル

可変式ダンベルは、とても人気な筋トレ器具で、家でトレーニングする方には欠かせないアイテムになっています。

また近年急増し、市場も拡大されているパーソナルジムでも可変式ダンベルは使用されています。

そのメリットはなんと言っても場所を取らないことです。

本来ダンベルはフィットネスジムなどでは各重さごとに置かれています。

しかし可変式ダンベルは1つのダンベルで約2Kg〜約40kg(種類によって変化あり)も重さを変えることができるのです。

そんな大人気の可変式ダンベルですが、種類が増えすぎて、どれを買えばいいのかがわからなくなっている状況です。

そんな可変式ダンベルを大きく5つに分けて、おばあちゃんでもわかるようにまとめました。

購入するときの参考にしていただければ幸いです。

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

可変式ダンベルを5つにまとめてみた

可変式ダンベルを、それぞれの特徴の違いから5つにまとめました。

  • プレートタイプ
  • ブロックタイプ
  • ダイアル式
  • フレックスベル
  • 2wayタイプ

【可変式ダンベル】プレートタイプ

プレートタイプの可変式ダンベルは、シャフトにプレートをはめて重さを変更します。

『プレートタイプ』は値段がそこまで高くありませんが、重さ変更がちょっと面倒なところが特徴です。

オススメのメーカーは『アイロテック』です。

【アイロテック30×2個】

メリット
  • 値段がそこまで高くない
  • プレートを追加することで高重量も可能
  • プレートを他のバー(ストレートバーやezバー)にもつけることができる
デメリット
  • 重さ変更に時間がかかる

【まとめ】

  • 家でトレーニングをするには十分
  • 重さの変更が面倒だと思はない人はこれ
  • あまりお金をかけたくない人はこれ
ゆーさんゆーさん

ちなみに私もアイロテックダンベルを持っています!

【アイロテックダンベルのレビュー記事↓】

【可変式ダンベル】ブロックタイプ

次は『ブロックタイプ』の可変式ダンベルについて解説します。

『ブロックタイプ』は、重さ変更が簡単なダンベルの先駆者的存在です。

アメリカで販売されていた『パワーブロック』が、日本でも販売されるようになり注目を浴びました。

【公式サイトから購入↓】

4.5kg〜23kgの9段階の重量可変式ダンベル パワーブロックプロタイプSP50

【その他購入サイト↓】

しかしパワーブロックは価格が高いという欠点があり、類似品が販売されるようになりました。

【パワーブロック類似商品】

メリット
  • 重さの変更が簡単
  • ダンベルを膝におくこと(オン・ザ・ニー)が可能
  • 頑丈(正規品)
デメリット
  • 口コミによると、持った時に重さの重心がずれている気がするという人も
  • 値段が高い(正規品)

【まとめ】

  • 正規品は価格は高いがその分頑丈
  • こだわらない人は類似品でよい
  • 高重量を扱う人にとってオンザニーは重要

【可変式ダンベル】ダイアル式

パワーブロックの次に流行したのが、『ダイアル式』の可変式ダンベルです。

ダンベルの横についているダイアルで、重さの変更ができるのが特徴です。

【公式サイト↓】

【その他購入サイト↓】

メリット
  • 重さの変更が簡単
  • 値段が特別高いわけではない
デメリット
  • 台座に置かないと重さを変えれない
  • 軽い重さにしても長さが変わらないので邪魔に思うことも
  • ダイアルが壊れたら重さが変えれない

【まとめ】

  • ダイアル式の商品が良い場合はこれ

【可変式ダンベル】フレックスベル

『フレックスベル』は、ダンベルを台座に置いて、握っているバーを回すだけで重さを変更できます。

今までの商品のデメリットを改善されてできたような商品です。

【32㎏の2セット】

【20㎏の2セット】

メリット
  • 重さの変更がしやすい
  • 2㎏ずつ重さを変えれる
  • 軽い重さでも長くならない
  • 重さの重心がずれない
  • 見た目がシンプルでカッコいい
  • オンザニーができる
デメリット
  • 少し値段が高め
  • 台座に置かないと重さを変更できない
  • プレートに隙間があり音がガチャガチャなる
  • 重さが32キロまでしかない

【まとめ】

  • 値段が気にならない方はこれが一番おススメ
  • 32㎏までで十分の方はこれが一番おススメ
ゆーさんゆーさん

私ならこれを買います!

【可変式ダンベル】2wayタイプ

『2wayタイプ』はダンベルにもなり、バーベルにもなるタイプです。

メリット
  • 値段が高くない
  • バーベルタイプにも変更可能
デメリット
  • 重さの変更が面倒
  • 重さが多くつけられない

【まとめ】

  • 女性や高齢者の方におススメ
  • 筋トレ初心者の方におススメ

値段をきにしない人はこれ!

値段を気にしないのであれば、これが一番オススメです!

『フレックスベル!』

 

ゆーさんゆーさん

個人的にはこれが一番おススメです!どれにするか悩まれている方はこれを買いましょう!

しかし『値段が気になる人』や『もう少し重さが欲しい人』は違うタイプを検討しましょう!

コスパ重視はこれ!

コスパ重視の人はこれです!

『プレートダンベル!』

【30㎏×2】

【20㎏×2】

高重量かつ、重さ変更が簡単なのが欲しい人はこれ!

高重量を扱えて、重さ変更が簡単なのが欲しい人はこれです!

『パワーブロック!』

『ダイアル式ダンベル!』

【パワーブロック正規品】

4.5kg〜23kgの9段階の重量可変式ダンベル パワーブロックプロタイプSP50

【ダイアル式ダンベル】

女性やおばあちゃん(高齢者)はこれ!

『プレートダンベル!』
or
『2wayタイプ』

【アイロテックダンベル】

【2wayタイプ】

最後まで見ていただきありがとうございました!
購入するときの参考になれば幸いです。

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しております!
無料で情報が手に入りますのでぜひフォローしてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!

 

コメントを残す