筋トレ・ダイエットで最適な食事回数とは?|パーソナルトレーナー解説
考える人

ダイエット始めるなら、食事回数は減らした方がいいのかな?

ゆーさんゆーさん

食事回数をきめるのは、色々な要因があります!
解説していきますね!

こんな悩みを持った人向け
  • ダイエットは食事回数少ない方がいいよね?
  • 食事か数は多い方がいいって来たことあるけど?
  • 3回じゃダメなの?

こんな悩みにお答えしていきます。

この記事を見ることで『筋トレ・ダイエットをしている人の最適な食事回数』を知ることができます!

この記事の内容
  • 結論:何回でもいい
  • 食事回数を増減することのメリット・デメリット
  • 目的別の食事回数

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレ歴5、6年
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

【結論】
筋トレ・ダイエットで最適な食事回数とは?

筋トレ・ダイエットで最適な食事回数とは?の結論は

何回でもいい です。

はい、この記事の内容おわり。。。

となってしまうのですが、いろいろと理由や考え方があります。

ゆーさんゆーさん

これからしっかりと説明させていただきます!

食事回数が何回でもいい理由

食事回数が何回でもいい理由は、

『食事回数よりも大切なことがあるから』です。

ダイエットをするときに1番重要になってくることは、

消費カロリー>摂取カロリー ということです。

すなわち、消費カロリーが摂取カロリーよりも多くなければ、ダイエットは成功しません。

ゆーさんゆーさん

食事回数よりも、カロリーについてが1番大切です!

カロリー計算についてはこの記事をご覧ください。

ということは、カロリーについて気にしていれば、どんな職業の方でもダイエットやカラダづくりは可能であるということです。

例えば、夜勤の方や、食事が夜しかまともに食べられないような方でもです。

カロリーについてが最も大切にはなりますが、食事回数もカロリーをコントロールするうえで重要になってきます。

ではこれから、それぞれの食事回数のメリット・デメリットについて解説していきます。

食事回数2回以下のメリット・デメリット

食事回数が2回以下の方のメリット・デメリットを解説していきます。

メリット
  • カロリーオーバーする可能性が低い
  • 排泄にエネルギーを優先できる
  • 食道がん、大腸がんなどの消化器官系のがんのリスクを下げる
ゆーさんゆーさん

それぞれ詳しく解説していきます!

カロリーオーバーする可能性が低い

始めに言ったように、カロリーのバランスが何より大事だと言いました。

2食になることで、3食の人と比べるとカロリーをオーバーする可能性は低くなると考えられます。(その人が1食でめちゃくちゃ食べる人でなければ)

排泄を優先できる

これは『朝食を抜く』or『消化にエネルギーを使わないものを朝食にする』ことで得られるメリットです。

人間は必ず排泄をしなければいけません。

排泄をしないと摂取したものが体内で腐敗してしまい、消化器官にダメージを与え、腸内環境の悪化につながってしまいます。

それはダイエットやカラダづくりにおいても悪影響であると言えます。

特に午前4時~正午は排泄に向いている時間とされています。

ゆーさんゆーさん

朝食では、消化に負担がかかるような食材は避けましょう!

食道がん、大腸がんなどの消化器官系のがんのリスクを下げる

これは先ほどの、排泄のことと少し関係しています。

何回も何回も食事を摂取することで、消化器官がダメージを受けてがんにつながってしまいます。

次は、デメリットについてです。

デメリット
  • 血糖値が上がりやすい
  • 栄養不足になる可能性あり
  • カタボリックを引き起こす

血糖値が上がりやすい

食事と食事の間隔をあけすぎてしまうと、食事を摂取したときに一気に血糖値が上がってしまいます。

血糖値が一気に上がってしまうと、インスリンが大量に出て、太る原因につながります。

栄養不足になりやすい

食事回数を減らしてしまうことで、食事が偏ってしまう可能性もあります

特に、ビタミン・ミネラル・食物繊維の摂取量が減少します。

そうならないために、心がけて摂取をする必要があります。

またサプリメントで補うという方法もあります。

おススメは数種類のビタミンが含まれるマルチビタミンです。

カタボリックを引き起こす

カタボリックとは筋肉分解のことです。

食事回数が減り、タンパク質摂取量が減少してしまうことで、血中アミノ酸濃度が低下してしまいます。

血中アミノ酸濃度が低下すると、筋肉の減少につながります。

その結果、代謝がさがり、痩せにくいカラダになってしまいます。

食事回数を増やすことのメリット・デメリット

食事回数を増やすことのメリット・デメリットは、食事回数2回以下のメリット・デメリットを反対にしたものになります。

食事回数を増やす方の1番の望みは、筋合成(アナボリック)を促すことだとおもいます。

もしくは、筋分解を防ぐこと。

そういったときに非常に助かるのが、サプリメントです。

気軽に摂取できて、筋合成の促進・筋分解の抑制をすることができます。

そのなかでも優先度の高いサプリメントを紹介します。

  • プロテイン
  • BCAA

  • クレアチン

  • 亜鉛

【まとめ】
筋トレ・ダイエットで最適な食事回数とは?

【まとめ】 筋トレ・ダイエットで最適な食事回数とは?

今まで解説したことをふまえて、目的別に解説していきます。

最適な食事回数【結論】

『何回でもいい』

決められた摂取カロリー内であれば、食事回数をそこまで気にする必要はありません。

自分の生活にあわせて長期間ムリなく続けられることが何よりも大切だと考えます。

食事回数【健康目的】

『3回』

健康がのためであれば3回をおススメします。

ポイント
  • 朝は消化にエネルギーを使うような食事は避ける
  • 朝はフルーツがおススメ
  • 栄養不足にならないように、バランスの良い食事を食べる
  • どうしても食事で摂れないときは、サプリメントを使う

食事回数【ダイエットが目的】

『3~6回』

ダイエットをする方も、健康のポイントと基本は変わりません。

食事回数は自分の生活にあったものにすることをおススメします。

さらに追加のポイントは

ポイント
  • カロリーを計算してオーバーしないように気をつける
  • お腹が減ったときにしか間食をしない
  • 間食はプロテインやナッツ類
  • 筋肉が落ちないように、タンパク質を摂取し、筋トレもする

食事回数【筋肥大が目的】

『3~6回』

筋肥大が目的の方も、健康のポイントと基本は同じです。

さらに追加のポイントは

ポイント
  • 間食でプロテインなどを摂取し、アミノ酸濃度を高く保つ
  • 筋トレ前・中・後の栄養摂取を特に意識する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。
無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!