【真事実】乳製品はカラダに悪い!|牛乳・ヨーグルトは食べなくていい

 

考える人

「牛乳を飲んでカルシウムを摂取した方がいい?」
「ヨーグルトはカラダにいい?」

ゆーさんゆーさん

メディアにだまされてはいけません!
乳製品の悪影響は様々な研究で明らかになっています!

こんな人向けの記事
  • 牛乳がカラダにいいと思っている
  • ヨーグルト毎日食べる
  • 生理痛がひどい

この記事を見ることで、『乳製品の悪影響』を知ることができます。

この記事の内容
  • 乳製品は摂取する必要なし!
  • 乳製品の悪影響

【執筆者紹介】
・本業:パーソナルトレーナー
・筋トレ歴5、6年
・筋トレや栄養などについて毎日勉強

【結論】乳製品は摂取した方がいいのか?

【結論】乳製品は摂取した方がいいのか?

「乳製品は摂取したほうが良いのか?」

という疑問の結論は、

摂取する必要なし です。

テレビやCMでは、ヨーグルトや牛乳などの乳製品はカラダにいいと言われます。

しかしそれは、企業がテレビのスポンサーになっているからです。

ゆーさんゆーさん

テレビが真実というわけではない!

乳製品の主な悪影響

乳製品の主な悪影響

乳製品の主な悪影響について解説していきます。

乳糖不耐性

日本人の成人の約8割は、牛乳の糖を代謝することができない、

『乳糖不耐性』

であることが分かっています。

乳糖を分解する『ラクターゼ』が、成人するとなくなってしまうことが原因です。

カルシウム

カルシウム

牛乳を飲むと、カルシウムが摂れるということは、多くの方がご存じだと思います。

牛乳を飲むことで、骨粗鬆症を防いだり、骨を丈夫にしたり、身長を伸ばす効果があると知られています。

しかしこれは、『ウソです。

現在様々な研究で、これが間違いであったということが分かっています。

牛乳はカルシウムの量が多すぎて逆効果になってしまうのです。

牛乳を摂取すると、大量のカルシウムが体内に摂取されます。

そうすると人間は、カルシウムなどのミネラルを一定に保とうとする機能が働きます(恒常性)。

その機能によって、もともと骨などに蓄積されていたカルシウムが体外に排出されてしまいます

これを脱灰といいます。

脱灰が行われると、摂取したカルシウムよりも、排出されるカルシウムの方が多いというデータもあります。

そのため牛乳を摂取することで、より骨粗鬆症が促進してしまうのです。

ゆーさんゆーさん

牛乳は逆効果だった!

女性にとって乳製品は最悪

女性にとって乳製品は最悪

ホルモン周期のある女性にとって、乳製品は最悪です。

乳製品は、女性ホルモンである『エストロゲン』への影響が大きすぎるからです。

牛のミルク(牛乳)には、約50㎏の生まれたての子牛を、1年で約10倍にする、IGF-1(成長ホルモン)エストロゲン(性ホルモン)が大量に含まれています。

大量のIGF-1を摂取すると、人間のカラダをものすごいスピードで成長させます。

その結果、必要以上に成長を早め、初潮年齢の低下、生理痛、子宮や卵巣のトラブル、乳がん、前立腺がん(男性)の原因となってしまいます。

牛乳を摂取するということは、ホルモン剤を摂取していることと変わりません。

ゆーさんゆーさん

女性は特に注意が必要です!

乳製品のタンパク質について

牛乳に含まれるタンパク質は、

カゼイン約7割、ホエイ約3割の割合で含まれています。

約7割を占めるカゼインは、多くの研究で悪影響が見つかっています。

カゼインは体内で炎症をおこし、アレルギーの原因や、生理痛などを引き起こします。

乳製品の脂質について

牛乳の脂質は飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は現代人が摂りすぎている脂質で、肥満の原因や、生活習慣病のリスクを高めます。

【まとめ】乳製品はカラダに悪い!

【まとめ】乳製品はカラダに悪い!

  • 乳製品はカラダに悪い
  • 特に女性は注意!
  • 乳製品は摂取しなくていい!

むかしは牛乳を完全栄養食と言っていましたが、研究により多くの悪影響が発見されました。

「もし牛乳が本当に栄養価の高い食材であれば、人間以外の動物も狙うはずだ」という見解を示す専門家もいます。

乳児期を過ぎても、動物のミルクを摂取するのは人間だけなのです。

これだけの悪影響があるにもかかわらず、多くの幼稚園、学校では牛乳が毎日支給されます。

その結果、将来乳がんになるリスクを高めてしまっています。

私は牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品の摂取は絶対におススメしません。

現在、生理痛で悩まされている方は、乳製品の摂取と肉製品の摂取を控え、野菜や果物を増やすだけでかなり改善されますので、ぜひ試してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterインスタグラムでも筋トレや栄養についての情報を発信しています。
無料で情報が手に入りますのでそちらもチェックしてみてください!

それでは、楽しい筋トレライフを!